台湾漫遊




茶葉店の茶卓
寧夏路夜市(台北)
古の港町、鹿港
陶磁器の街、鶯歌
台北郊外の温泉、烏来
台湾最南端、墾丁
春水堂(台中・朝富本店)
耕讀園(台中)
カラスミ(烏魚子)


茶葉店・茶館の茶卓や茶席
台湾では、よく茶葉を買いに茶荘にいきます。
台湾ではどこのお店でも、基本的に試飲がOKで、店に入るとまず茶卓の前に座ってお茶を飲むことをすすめられます。
はじめは飲んだら買わなくちゃいけないのではと思って緊張気味でしたが、慣れるに従ってお茶のいれ方や茶器の扱いなどを観察する余裕がでてきました。
いくつかのお店の茶卓のようすをご紹介します。
台東市内にある茶葉店「充芳茶園」す。
大きめの茶器類でたっぷりと淹れてくれる。急須は、鑑定杯を大きくしたマグカップのようなスタイル。
重たそうな茶杯も茶挟みで上手に扱っている。
台東の郊外、鹿野(ルーイエ)にある茶園民宿「連記茶荘」の茶席。
シックな茶器に素朴な民芸風木製茶具を組み合わせて、席に着くと落ち着いてリラックスした気分になる。
下の「愛嬌姨風味茶餐」の夕食からもどってくると、左のセッティングで、女主人が丁寧にゆっくりと、蜜香紅茶を淹れてくれた。
鹿野茶館餐廳「愛嬌姨風味茶餐」の茶卓。
食堂の一角で自家製の茶葉を販売している。
試飲させてもらった茶葉は自家製の紅烏龍茶。烏龍茶の品種で作った紅茶で、蜜香紅茶の同類。
「連記茶荘」もそうだが、鹿野の茶農民宿では食事は出さないので、この餐廳に夕食を食べに行く。
台南の茶葉店「嘉木堂」の茶卓で。茶壺は金継ぎしてあった。
この店の奥さんは日本ファンで、煮水器には日本の薬罐を使っていた。
店の名前は「茶経」の冒頭、「茶は南方の嘉木にして…」からとったもの。
台南では一番といわれるくらいプーアル茶の品揃えが豊富な店だそうで、オリジナルブランドも扱っている。
九份の茶館「天空之城」2階の茶席。
左は店主オリジナルの茶器で、東方美人茶を淹れているところ。
宝瓶ふうの扱いやすい茶具を中心にしたセットだったので、買って帰り愛用している。
右はこの店を紹介してくれた張老師の泡茶。

その張先生のお店、南投県鹿谷郷にある「張富欣茶荘」の茶卓。
凍頂烏龍茶の地元鹿谷郷の中心から車で数分、観光地渓頭森林公園へ向かう途中にある。
茶具の取り合わせのバランスが見事、特に卓の上に敷いた陶板に存在感がある。

台北の民生東路・新生北路の交差点近くにある「茶楽」の茶卓。
ここはツアー客も受け入れている大きな茶葉店なので、ツアーのお客さんに試飲をしてもらうための茶卓がたくさん並んでいる。
2階は同じ経営の「寶島火鍋風味餐」という、火鍋のレストラン。
台北・吉林路から錦州路に入ったところにある「鹿谷茶業」の茶卓。
その名からわかるように、凍頂烏龍茶とメインにした茶葉店である。
老板(ラオバン)が正統派のビシッとした作法でお茶を淹れてくれる。
台北・林森北路のMRT中山駅近くにある「新純香」。
日本に留学経験のある王さんはじめ、日本語の上手なスタッフがいて、日本人観光客にもお馴染みの茶葉店。
立地がよく、茶器やお茶請け類も置いてあるし、日本円でも買い物ができるのが、人気の理由かも。
台北・永康街の「回留」。
茶葉や茶具も売っているが、茶館・レストランとしてのほうが有名。
写真は、ここの碗茶という作法で淹れる烏龍茶。
簡単で、香り高い台湾茶がおいしく楽しめるので、一度は試していただきたい飲み方だ。




寧夏路夜市(台北)
寧夏路夜市(ニンシャールー・イエスー)は台北七大夜市の一つに数えられています。
規模は小さいのですが、よくまとまっていて、台北の夜の散歩ぐらいの気分で行くのにピッタリです。
夜市は楽しみたいけど、士林夜市のような人込み、喧騒が苦手という人にはうってつけです。

アクセスは、捷運(MRT)淡水・新店線中山駅または雙連駅から徒歩10分。台北駅からタクシーで5分
雙連駅から歩くと、途中海鮮料理の小吃店が集まる一角があって、食欲がそそられます。
(撮影:2009年2月)
出店は食べ物屋台がほとんどで、麺、飯、湯、餅、スナック系、ひと通り揃っているから十分楽しめる。
南側の入り口近くに何軒か子ども向けのゲーム屋台が出ていた
テーブル席もあるから立ち食いしなくてもOK。
季節の果物は新鮮でおいしい。ホテルに持ち帰ってゆっくり食べる。
大腸包小腸は子どもにも人気。もち米の腸詰(大腸)を割って腸詰(小腸)を挟んだもの
屋台メニューの一例。菇魯肉飯、蛋包蝦仁湯、猪脚飯。小どんぶりとはいえ、かなりの量
北側の入り口近くにある豆花(トウホァ)の店「豆花荘」は地元の知人おすすめの店。近くに豆花店は何軒かあるが、ここなら文句なし。写真は大豆豆花



風情あふれる古鎮、鹿港(ルーカン)
鹿港は台湾中西部の小さな町で、昔の商都の薫りが未だに色濃く残っています。
台湾第3の大都市台中からバスで1時間、台鉄彰化駅からならタクシーで20分、バスで30分ほどのところにあります。
鹿港はその名のとおり、昔は港町でした。清代には台南、萬華(台北)と繁栄を競ったそうです。
(撮影:2008年12月)
1, 2 鹿港のランドマークは天后宮。ここに祭られる航海の神様媽祖は台湾中の媽祖のおおもとだそうだ。一日中線香の煙の絶えることがない。
3 天后宮の門前広場はぐるりと小吃店に囲まれ、いつも賑わっている。
4 広場の奥に建つひときわ大きな建物は香客大楼。お参りに来る信徒のためのホテルだが、一般観光客も泊まれる。
1 門前広場には大小何本かの道が集まってくる。
2 名物蝦猴(ジャコエビ)の空揚げや落花生の屋台が並び、呼び込みの声が交錯する。
3, 4 落花生はこの辺りの名産。飴で絡めた落花生を削ってクレープで包む。削らせてくれた。
 
1 老街は古い街並みが整備された「古蹟保存区」。
2 くねった小路の両側に土産物店、民芸品店などが続く。
3 昔懐かしい手作りオモチャも売っていた。
1 九曲巷の入り口(出口?)に建つ見事な洋館は日本の大正時代に建てられた豪商の屋敷。現在は民俗文物物館になっている。
1, 2 九曲巷は静かな一角だ。観光客も比較的少なく、のんびり歩ける。鹿港の道がくねくねと曲がっているのは、水路に沿って町が作られたからだという。
3 十宜楼は昔の商家。十宜楼の十は「琴、棋、詩、酒、画、花、月、賭博、煙草、茶」を指し、文人墨客が集う場所だったらしい。
4 壺をならべた甕壁。九曲巷では上も見て歩かないと、肝心なものを見逃すことになる。
5 意楼も昔の豪商の家。丸い飾り窓の瓢箪は幸福、古銭は富を、丸い形自体は円満象徴している。ちょうど修復中だった。
ここからは鹿港の小吃。海山の素材を生かしたおいしいものがいっぱい!
まずは点心。1 芋丸は里芋、2 藩薯包はさつま芋で作った饅頭。紫芋の饅頭も見える。
続いて小吃類。3 蝦猴炸酥=ジャコエビのから揚げ、4 蚵仔煎=カキオムレツ、5 蚵仔湯=カキスープ



陶器の街、鶯歌(インクー)
鶯歌は陶磁器の街です。台北から40分ぐらい。
東京から見た益子・笠間みたいなイメージですが、時間的にはもっと近いので、台北郊外の観光地化しています。
焼物に興味があるなら、ぜひ一日時間をとって訪ねて欲しいところです。
(撮影:2007年12月、2006年3月)
■アクセス
台北駅から電車で鶯歌駅までは30分。
MRT新店線永寧駅まで15分。917番バスに乗り換えて陶瓷博物館まで20分、鶯歌まで25分。
中国茶器に興味があるなら、博物館を見て、陶作坊、天工陶室などに寄りながら、鶯歌中心街へ向かうとよい。
窯元は街の周辺に広がっているが、鶯歌には、「尖山埔陶瓷老街」を中心に陶磁器のショップがひしめくように集まっているので、買い物には不自由しない。
むしろ店の数があまりにも多くて、あてがないと探し飽き、歩き疲れるくらいだろう。
休日には台湾各地からの団体観光客、家族連れでかなり賑わう。
ここでは私が知っている、茶器関係の専門店を中心に紹介する。
●台北県立鶯歌陶瓷博物館
モダンな建築の博物館。陶磁器の歴史、世界の陶磁器などを展示。茶席設計のコーナーもあった。(センスはちょっと?だったけど)
博物館から街までは徒歩15分くらい。台北からバスで途中下車の人にはおすすめ。
●陶作坊鶯歌文化店
中国茶を習ったことのある人には垂涎の店だ。
おなじみ陶作坊ブランドの陶製煮水器がずらりと並んでいる。日本ではあまり見ない素材、サイズも豊富で、思わず買って帰りたくなる。
買ったら帰りは機内持ち込みだから、パッキングの用意が必須だ。
陶瓷老街からは離れているが、博物館から歩き始めると途中にある。
■天工陶室
博物館方面から鶯歌の町並に入るには、陶作坊の前を通り、鐵道のガードをくぐるのだが、そのちょっと手前にある小さな店。
ここには青磁の茶器がたくさん置いてある。
青磁といっても釉薬がたっぷりかかって、ぽってりとかわいく暖みのあるものが多い。
私のお気に入りの丸くて小さな茶罐はここの作品だ。
●文化壺藝茗坊
 茶壺の専門店。陶瓷老街とV字に分かれた重慶街にある。量産品もあるが、作家物の手作り作品がずらりと並んでいて壮観。
茶壺探しが目的なら、是非とも立ち寄りたい店だ。
シンプルなものから装飾過多(?)のものまで、いろいろあるのに驚かされた。
●富貴陶園
最後は、休憩&お食事処。重慶街に入ってすぐにあるモダンなカフェなので、すぐにわかる。
オリジナルの陶磁食器に盛られた料理は創造性に富んでいる。
こういうのをヌーベルシノワと呼ぶのかな。
店内には陶の塑像工芸作品がたくさん置かれ、芸術の薫り高い空間でゆっくりくつろげる。
地下にはアートギャラリーも併設している。



台北郊外の温泉地、烏来
台北のいいところは、大きな街でありながら、都心から1時間も足を延ばせば、自然豊かで素朴な見どころがたくさんあることです。
ここで紹介する烏来も、台北から南に1時間ほどの山間にある温泉地です。
烏来は温泉のほかに、トロッコ電車[台車]、烏来瀑布、ケーブルカー[纜車]、少数民族[原住民]関連の展示などが見どころです。
(撮影:2009年2月)
台北市内から捷運(MRT)新店線に乗り、終点の新店で路線バスに乗り換え、30分ぐらいで到着。
バスに乗るのは難しいと思うなら、タクシーで。公定料金は1台600元だが、1人100元でOKだった(4人相乗りで400元)。
烏来は川に沿って大きな旅館が建ち並ぶ温泉地。老街(商店街)もあって、土産物店や小吃店がずらりと並び、日本の温泉地の雰囲気によく似ている。
烏来の見どころは烏来瀑布(滝)だが、そこまではトロッコ電車[台車]に乗っていく。この電車、ガタガタと揺れながら、カーブの多い狭い軌道をかなりのスピードで走離抜ける。トロッコというよりも、遊園地のコースターに近い感覚。ちょっとしたスリルが味わえる。
トロッコ電車を降りると、対岸の絶壁を流れ落ちる烏来瀑布が目の前に見える。頭上に、瀧口まで登るケーブルカー[纜車]が架かっている。
瀧口には、「雲仙楽園」という遊園地というか、公園というか、小規模な施設がある。レストラン、プール、コテージなどが林の中に点在していて、結構賑わっていた。



台南最南端の国立公園、墾丁(クンティン)
墾丁(クンティン)は台湾島最南端のリゾート地です。リゾートといってもそこは台湾、かなり庶民的空気が濃厚で、リゾートっぽいのは高級ホテルの中だけかもしれません。
墾丁の気候はほぼ常夏。私が行ったのは12月ですが、泳いでいる人もいました。
交通の便は悪いのでバスに乗らなければなりませんが、私はラッキーにも台鉄妨寮(ハンリャオ)駅から知人の車に乗せてもらいました。
海沿いの国道を妨寮から南に下ると、湿気を含んでモヤった空が次第に澄んできて、墾丁に着く頃には見事な青空が広がりました。
(撮影:2008年12月)
南湾(写真左3枚)は、墾丁最大の砂浜海岸。シーズンには海水浴客でいっぱいになるという。12月でも泳げる!10歳若かったら海に入ってたと思う。砂島(写真右2枚)はサンゴの砂が積もった白く輝くきれいな海岸。
鵝鑾鼻灯台 エキゾチックな雰囲気のきれいな灯台。一帯は広場のような公園になっている。
後壁湖漁港(写真左3枚)と関山の展望台(右2枚)。港には魚市場が併設され、揚がったばかりの鮮魚が安く売られているが、観光客では買うに買えない。関山は夕日の名所。夕暮れ近くになると、続々と人が集まってきた。
社頂公園。墾丁全体が「墾丁国家(国立)公園」なのだが、そのエリア内にいくつか自然観察用に整備された公園が点在する。社頂公園もその一つ。墾丁は修学旅行の人気エリアらしく、どこへ行っても、中高生たちの団体と出会う。カメラを向けるとピースが返ってくるのは、日本と同じ。右端の写真には野生の猿が写っているのがわかるだろうか。
夜は近くの海鮮料理店で。並んだ魚はみんなカラフル。初めて沖縄の公設市場に行ったときを思い出した。材料を選び、調理方法を指定すると、出来上がりをテーブルまで運んでくれる。
夜市。夕方から夜になると風向きが変わり雨になった。
民宿と聞いていたけど気持ちのよいコテージ。朝食はさわやかな空気の中で太陽を浴びながら。



台中の茶館、春水堂朝富店
台湾で春水堂といえば、珍珠奶茶(パールミルクティー)発祥の茶館として超有名です。 珍珠奶茶は、今や定番のドリンクとしてどこも飲むことができます。
春水堂も大きく発展して、台中から台湾各地に支店を広げ、今や20店舗を越えています。どの店もモダンの中に中国風を取り入れたデザインで、落ち着いたカフェのような雰囲気です。
ここでご紹介する台中朝富店は、その本店です。
(撮影:2007年12月)
春水堂は珍珠奶茶をはじめとする泡沫茶だけでなく、軽食メニューも豊富なので、ランチ+お茶時間にはうってつけです。 台中では、オープンカフェやモダンなファッションの店が並ぶ、精明一街の店も有名です。
ところで、この珍珠奶茶に入っている粉圓(タピオカ)の食感を、台湾の人達はQQ(キューキュー)と表現・表記します。このQQ感、いろいろなところにはびこっていて、おでん(関東煮)の竹輪などもQQの仲間です。
春水堂 台中朝富店(本店)
■住所:台中市朝馬三街12號
■電話: 04-2254-9779
■アクセス:タクシーで「朝馬三街の春水堂」へ


台中の茶館、耕讀園
台中には、何軒か有名な茶館がありますが、耕讀園もそのひとつ。
周囲には大きなマンションが建ち並ぶ場所にありながら、一歩門をくぐると別世界があります。
中央の池を取り囲むように造られた茶室は、明代の建築を思わせます。
池に写る柳、優雅に泳ぐ鯉、瓦屋根の木造建築……中国茶を飲むのにふさわしい舞台になっています。
(撮影:2007年12月、2006年3月)
耕讀園にはお茶請けの点心類のメニューが豊富に揃っています。
窓のない四阿(あずまや)風の一角は、開放的で心地よく、この店でいちばん好きな場所です。
ついつい長居をしてしまいますが、夕方、日が落ちて灯りが入ってからの雰囲気も格別です。
茶葉は持ち込み可なので、お湯代を払って、好きなお茶を飲んで過ごすことができます。
耕讀園書香茶坊
■住所:台中市市政路109號
■電話: 04-2251-8388
■アクセス:タクシーで「市政路の耕讀園」へ


台南のカラスミ(烏魚子)
私の台湾土産のベストスリーは、台湾茶、カラスミ、パイナップルケーキですが、カラスミの本場、台南で「正しいカラスミの炙り方」を教わったのでご紹介します。
私はこれまで、1)皮を剥く、2)酒を塗る、3)ガスコンロに焼き網を載せて炙る、の方法で炙っていました。それなりに気をつかって、丁寧に炙っていたつもりでしたが、丁寧の度合いが、全然違っていました。
アルコールランプの炎で、時間をかけて、なめるように炙るのです。
決して焦がしてはいけません。あくまでゆっくり、のんびり。熱くなったら竹箸などで挟んで、またゆっくり。
そうすると、外側だけがさらっと乾いて、内側はねっとり。それでいて熱く火が通って、絶妙の味と食感が楽しめます。これぞ珍味です。
(撮影:2008年12月)
今回のカラスミは、台南の観光名所「赤崁楼」のすぐそばにある専門店「明興商行」で購入。老板(社長)が開けてくれた冷凍庫には、塩漬けのカラスミがぎっしり。これを天日に干してから店に出す。
カラスミは、目方での販売。中型(170gぐらい)で一つ2000円前後だった。
ここからは、台南のお茶屋さん「嘉木堂」で教わった炙り方。私がお土産でカラスミを買ったと話したら、なら詳しい友だちがいるから、おいしい食べ方を教わるといい、といって店に呼んでくれた。
カラスミは、嘉木堂の冷蔵庫から出してきたもの。黒くなっているのは、何年か経っているものらしい。

1)まず、カラスミの薄皮を丁寧に剥がす。
2)次にアルコールランプで表面をゆっくりと炙る。お茶屋さんなので、お湯を沸かすためのアルコールランプがいつでも手元のある。熱くなったら、急須から茶葉を取り出すときに使う竹ばさみで夾んで、あくまで丁寧に。たぶん、半腹炙るのに10分近く、かけていたと思う。
3)その間に、大根をスライス(手前の白い皿)して準備。 
4)表面全体を炙り終わったら、スライスして大根にのせて(大根をのせて?)食べたり、カラスミと大根を交互に食べたり。
大根を一緒に食べると、口の中がすっきりして、2切れ目、3切れ目のカラスミが、またおいしく食べられる。
もちろん、お茶も淹れる。カラスミには陳年烏龍茶かプーアル茶がおすすめ。
こちらは、鹿港のカラスミ専門店の店頭。台湾西海岸の台南から鹿港にかけての台湾海峡が、カラスミをとるボラの漁場である。